筋トレ効果を高める器具グッズ類|自宅~ジム用までおすすめ品を厳選してご紹介

筋トレの効果を高めてくれる筋トレグッズ(グローブ・リストストラップ・リストラップ・トレーニングベルト)と筋トレ器具(自重筋トレ用品・トレーニングチューブ・ダンベル)を、厳選してご紹介します。

■筋トレ効果を高めるグッズ

●トレーニンググローブ


▼Amazonで比較する
GOLD'S GYM(ゴールドジム) プロトレーニンググローブ G3402

トレーニンググローブは様々な素材・タイプがありますが、長く使うことを考えれば、手首サポーターのついた、メーカー品のものがおすすめです。

●リストストラップ


▼Amazonで比較する
GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500
プル系トレーニングで握力がなくなっても、そのままトレーニングを継続して追い込むのに必要なグッズがリストストラップです。かなりの負荷がかかりますので、やはりメーカー品のしっかりしたものがおすすめです。

●リストラップ


▼Amazonで比較する
GOLD'S GYM(ゴールドジム) ループ付きリストラップ G3511
プレス系トレーニングで手首の保護に役立つのがリストラップです。ただし、高重量の時だけ使うようにしないと、手首を支える前腕の筋力が弱くなりますので注意してください。

●トレーニングベルト


▼Amazonで比較する
adidas(アディダス) トレーニング 牛革レザーウエイトリフティング ベルト

トレーニングベルトにも布製から分厚いパワーベルトまでさまざまなタイプがありますが。オールラウンドに使えるのがこちらのようなノーマルタイプの革ベルトです。トレーニングにおいて非常に重要なグッズですので、しっかりとしたメーカー品をおすすめします。

■筋トレ効果を高める器具類 

ここからは、自重筋トレBIG3とも呼ばれる、懸垂・腹筋・腕立て伏せを自宅で効率的に行い、筋トレ効果を倍増させるための器具グッズ類を厳選してご紹介します。

■自宅での懸垂用器具グッズ

●ドア部に簡易的に取り付けるだけ


▼Amazonnで比較する
アイアンジム懸垂マシーン
自宅で簡単に懸垂運動が行えるのが、こちらのような簡易型懸垂装置で、自宅のドア部分に引っ掛けて取り付けます。さらに、リーズナブルな「突っ張り棒形式」の簡易懸垂装置もありますが、グリップをいろいろと変えられるので、やはりこのようなタイプがおすすめです。

●さらに本格的ならチンニング台


▼Amazonnで比較する
ファイティングロード (FIGHTINGROAD) マルチジム

さらに本格的に自宅で懸垂に取り組むのならば、このようなチンニングラックが欲しいところです。懸垂以外にも腕立て伏せや腹筋運動も行えるので、これ一台で全てに対応できます。

■自宅での腹筋用器具グッズ

●腰を痛めないためのクランチパッド

腹筋運動でもっとも起こりやすいトラブルが、腰が反ってしまうことによる「腰痛」ですが、このようなシットアップ・クランチ専用のパッドがあれば、過度に腰が反ることなく安全に腹筋運動が行えます。

●さらに本格的ならシットアップボード


▼Amazonnで比較する
シットアップベンチ カーブ型 LE-4CB
さらに本格的に腹筋を鍛えこんでいくのならば、やはりほしくなるのがシットアップボードです。人間工学に基づいた、カーブ形状をしたものがおすすめです。

■自宅での腕立て伏せ器具グッズ

●効果を倍増させるプッシュアップバー


▼Amazonnで比較する
GronG(グロング) プッシュアップバー

腕立て伏せの可動域を広げ、その筋トレ効果を倍増させてくれるのがプッシュアップバーです。こちらのように、やや角度のついたタイプが使い方のバリエーションが多くておすすめです。

●さらに本格的なアイアンチェストマスター


▼Amazonnで比較する
クリッパー(Clipper) アイアンチェストマスター CP-122
ただ腕立て伏せをするだけでなく、身体を押し上げてから腕を閉じる動きで、大胸筋を完全収縮させられる最新型のプッシュアップバーがアイアンチェストマスターです。 自宅でのチューブトレーニングにおすすめのトレーニングチューブ・エクササイズゴムバンドをご紹介します。

■男女兼用のトレーニングチューブ

続いて、自宅で簡単に単関節運動(アイソレーション種目)が行え、個別に筋肉を鍛えるのに便利なトレーニングチューブをご紹介します。

●複数本セットが断然リーズナブル


▼Amazonで比較する

トレーニングチューブセット一覧

トレーニングチューブは、単品で買いそろえていくと、かなり割高になりますので、こちらのような強度の違う複数本がはじめからセットになったものが、リーズナブルでおすすめです。

■女性むきのエクササイズゴムバンド

●こちらも複数本セットがおすすめ


▼Amazonで比較する
エクササイズバンドセット一覧
トレーニングチューブよりも手軽で、女性のダイエットトレーニングに向いているのがエクササイズゴムバンドです。

こちらも複数本がセットになったものがリーズナブルです。

なお、エクササイズゴムバンドだけだと、行える種目がかぎられますので、やはりトレーニングチューブセットのほうがおすすめで、エクササイズバンドは補助用にするとよいでしょう。 女性の自宅ダンベルダイエット筋トレにおすすめのアーミーダンベルをご紹介します。

■アーミーダンベル20kgがおすすめ

トレーニングチューブよりさらに本格的なトレーニングがおこなえるのがダンベル筋トレですが、女性には扱いやすく錆が出ず転がらないアーミーダンベルがおすすめです。

●転がらず錆が出ず床を痛めにくい


▼Amazonで比較する

アーミーダンベル各色重量一覧
女性におすすめなのが、こちらの表面がプラスチックでコーティングされたアーミーダンベルの20kg(片側10kg)セットです。

少し重いように感じるかもしれませんが、スクワット系トレーニングなど、下半身のトレーニングにはこれくらいの重量が必要になってきます。

後で買い換えたり、ウエイトを買い足すとかなり割高になりますので、はじめからやや重いセットを購入するべきでしょう。 自宅での筋トレにおすすめのダンベルをご紹介します。

■ラバータイプのダンベルがおすすめ

本格的な自宅筋トレになくてはならないのが「ダンベルセット」ですが、なかでもラバータイプのものがおすすめです。

●錆がつかず床を痛めにくい


▼Amazonで比較する
アイロテック・ラバーダンベル一覧
おすすめは、こちらのようなラバーカバーのついたダンベルです。メリットととして、カバーがあるため錆がつかず、さらに床や家具を痛めにくいということがあります。

重量としては、最低でも片側20kgの40kgセット、できれば60kgをおすすめします。

背筋のトレーニングなどでは、初心者の方でも片側20kgを使う種目(ダンベルデッドリフトなど)もありますし、トレーニングを続けていくと、すぐに筋力が強くなり、重量が足らなくなってしまいます。

また、後でウエイトだけを買い足すと、かなり割高になりますので、はじめから重いセットを購入するべきでしょう。

はじめにご紹介したアイロテックのほか、下記のファイティングロードやワイルドフィットも有名メーカーですので、品質は安心できます。



なお、あまり知られていないメーカーのダンベルは、ウエイト固定に難があったり、ラバーカバーがだぶついたりするケースもありますので、あまりおすすめできません。

■自宅ダンベル筋トレにはインクラインベンチ

●角度が調整できて筋トレの幅が広がる


▼Amazonで比較する
ファイティングロード (FIGHTINGROAD) フラットインクラインベンチ-TRUST
自宅ダンベル筋トレにぜひとも揃えたい、ほぼ必須となってくる器具がトレーニングベンチです。やや価格は高くなりますが、フラットベンチよりも、角度が変えられるインクラインベンチのほうがトレーニングの幅が圧倒的に広がりますのでおすすめです。





●プライバシーポリシー

【個人情報の管理について】
当サイトは、お問い合わせいただいた内容についての確認・相談、情報提供のためのメール送信(返信)の目的以外には個人情報を使用しません。また知り得た個人情報を第三者に開示することは、警察・裁判所など公的機関からの書面をもった請求以外に一切利用いたしません。当サイトに掲載されている広告について当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報「Cookie」(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ます。


●免責事項
当サイト記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関する判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、記事に記載されている内容は実体験に基づく主観的・個人的感想を含みます。

●著作権情報など
※当サイトの画像類は、wikipediaおよびpixabayなどのフリー画像を使用しています。
※当サイトグッズ紹介には「楽天APS」「Amazonアソシエイト」を使用しています。
※当サイトコンテンツに含まれる文章について、無断での引用およびコピペリライトは固くお断りします。